« [祝!万馬券で1勝]ハンデ戦 今年も荒れた 53kg「マーメイドS」 | トップページ | [地方競馬]3度目の正直なるか、クレイアートビュン「ゴールドC」 »

2010/06/21

[競馬]譲れぬ想いを胸に、その信念が勝利を呼び寄せる「宝塚記念」

■上半期総決算!

20100621_1

 本当に楽しいことは笑ってばかりじゃいられない

競馬は喜びあり、感動の涙あり

今年の上半期もいろいろなことがありました

G1の同着や高速決着、武豊騎手がいないというのも大きな話題でした

そんな上半期総決算の「宝塚記念」

今年はファン投票の上位馬も揃いグランプリって感じがしますね♪

 去年の覇者「ドリームジャーニー」

 昨年のダービー馬「ロジユニヴァース」

 天皇賞を制した「ジャガーメイル」

でも主役は並み居る牡馬を抑えてこの2頭でしょうね

 「ブエナビスタ」と「レッドディザイア」

「スイープトウショウ」以来となる牝馬の勝利となるか!?

それとも「エアグルーヴ」「ウオッカ」のように牡馬の壁に敗れるか!?

【登録馬:22頭】

アクシオン58.0アドマイヤオーラ58.0アーネストリー58.0
イコピコ58.0オースミスパーク58.0コパノジングー58.0
ジャガーメイル58.0スマートギア58.0セイウンワンダー58.0
テイエムアンコール58.0トップカミング58.0ドリームジャーニー58.0
ナカヤマフェスタ58.0ナムラクレセント58.0ネヴァブション58.0
ブエナビスタ56.0フォゲッタブル58.0マイネルアンサー58.0
マキハタサイボーグ58.0メイショウベルーガ56.0レッドディザイア56.0
ロジユニヴァース58.0

« [祝!万馬券で1勝]ハンデ戦 今年も荒れた 53kg「マーメイドS」 | トップページ | [地方競馬]3度目の正直なるか、クレイアートビュン「ゴールドC」 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [競馬]譲れぬ想いを胸に、その信念が勝利を呼び寄せる「宝塚記念」:

» 宝塚記念2010 過去傾向(登録馬ラップギア) [競馬SevenDays]
多くの傾向項目が1つの記事で把握できるブログです。《まとめ表》上位馬絶好調。6月27日(日)阪神競馬場では、【宝塚記念】が行われます。 [続きを読む]

受信: 2010/06/21 22:12

» 【宝塚記念(2010年)】血統傾向と登録馬の血統 [【血統フェスティバル】blog]
【宝塚記念】血統傾向。過去5年の1〜3着馬の血統・今年の登録馬の血統を掲載した色分け血統表は知識不要で超便利!!重要な血統要素が客観的にわかる血統馬券術「血統プライマル!」も掲載!... [続きを読む]

受信: 2010/06/21 22:56

» 阪神競馬場 芝2200M(内)のコースデータ [わがまま♪新馬券生活!!]
画像をクリックすると拡大されます [続きを読む]

受信: 2010/06/22 09:00

» 宝塚記念(2010年)データ分析、◎にするなら●●に該当する馬で決まり! [激走!データ競馬ブログ]
2010 宝塚記念 データ 2010年6月27日3回阪神4日  第51回宝塚記念(G1)阪神芝2200m 3歳上 定量 宝塚記念は過去10年のデータを見ていきます。 数値は(着別度数) 勝率 連対率 複勝率 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 【宝塚記念】および、その日の4レース程度の 高確率に馬券...... [続きを読む]

受信: 2010/06/22 12:37

» 宝塚記念で稼ぐぞ [わがまま♪新馬券生活!!]
日曜日、阪神のメインは宝塚記念G1! 阪神競馬場・芝2200M(内) で行われる! 上半期のG1を締めくくるグランプリレースだぁ〜! [続きを読む]

受信: 2010/06/23 09:51

» 宝塚記念(10年)展望その2〜ブエナビスタ〜 [血統適性blog]
『ブエナビスタが落としたレースの敗因を考える』 展望その1はこちら [続きを読む]

受信: 2010/06/23 23:12

» 宝塚記念で稼ぐぞ!有力馬7頭の死角 [わがまま♪新馬券生活!!]
日曜日、阪神のメインは宝塚記念G1! 阪神競馬場・芝2200M(内) で行われる! 消去法での検証で、残った有力馬は以下の7頭…。 今日は、その7頭について少し掘り下げてみた! −着候補・アクシオン 減点3 −着候補・アドマイヤオーラ 減点6 1着候補...... [続きを読む]

受信: 2010/06/24 10:27

« [祝!万馬券で1勝]ハンデ戦 今年も荒れた 53kg「マーメイドS」 | トップページ | [地方競馬]3度目の正直なるか、クレイアートビュン「ゴールドC」 »