« [名馬]思い出のCBC賞「プレシャスカフェ」 | トップページ | [予想]1枠2番で勝負!「エプソムC」「CBC賞」 »

2007/06/07

[名馬]思い出のエプソムC「アドマイヤカイザー」

■遅れてきた大物
遅くデビューをして、夏過ぎからメキメキと出世してくる馬っていますよね

春は無名でも秋に「菊花賞」を制した「メジロマックイーン」や、
4月にデビューしたのに秋には短距離界の頂点に立った「タイキシャトル」のような馬

「アドマイヤカイザー」も頂点には立てませんでしたがそんな馬でした。

2月にデビューして初勝利が5月、ダービーの週に2勝目
脚光を浴び始めたのが3戦目で挑戦した「ラジオたんぱ賞」2着
その後も順調に活躍し「マイルCS」では5番人気で4着と好走しました。

ただ、その後が勝ちきれず、成績も下降線
そのまま引退を迎える馬も多いのですが、「アドマイヤカイザー」はもう1度輝きます!

2001年の「エプソムC」
人気馬が直線でもがく中を内からスパッと伸びた鮮やかな勝利!
[レース結果]

強かった「アドマイヤカイザー」が戻ってきました!

■父レインボウクエスト
凱旋門賞を制した「レインボウクエスト」の代表産駒といえば、
「サクラローレル」が思い浮かぶと思いますが、
実は「レインボウクエスト」産駒で重賞を勝っているのは
「サクラローレル」「アドマイヤカイザー」だけです。

ダビスタではかなり重宝された種牡馬なのに意外ですよね(^^
[競争成績]

« [名馬]思い出のCBC賞「プレシャスカフェ」 | トップページ | [予想]1枠2番で勝負!「エプソムC」「CBC賞」 »

思い出の名馬」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ^^
>ダビスタではかなり重宝された種牡馬なのに意外ですよね(^^
目が痛くなるほど「レインボウクエスト」産駒を生産していましたが、知りませんでした。
やはりゲームと現実はちがうのですね^^

投稿: もりまる | 2007/06/08 21:53

> 目が痛くなるほど「レインボウクエスト」産駒を生産していましたが、知りませんでした。

98やファミコンの時代ですが、
初期のダビスタでスティールハートやアンバーシャダイの仔ばかり作ってました(^^

内国産で強い馬をつくるのをテーマに
徹夜してやっていたころが懐かしいです♪

投稿: 連敗爆進王 | 2007/06/08 23:18

こんにちは。
アドマイヤカイザーというと「エプソムC」というイメージがどうしても浮かびますね。
成績とか見ると、デビュー当初からは安定した成績を残していますし、エプソムCだって決して全くの人気薄ではないのに、何故か穴馬のイメージがあります。…なんででしょう?(笑)

レインボウクエストの産駆の日本での重賞勝ち馬が2頭のみ、というので驚いたんですが、調べてみると、国内で走った産駆自体が殆どいないんですね。
91年以降で走った産駆が18頭のみ。それで2頭の重賞勝ち馬ならば、むしろ物凄く優秀といえるのかもしれませんね。

投稿: たこやき | 2007/06/09 14:39

こんばんは、たこやきさん

> 91年以降で走った産駆が18頭のみ。

もっと多いイメージがあるのに、意外と少ないですね
ちょっとビックリです

> アドマイヤカイザーというと「エプソムC」というイメージがどうしても浮かびますね。

エプソムCのイメージがあるのですが、
デビュー当時の活躍のイメージもあるので、
重賞を勝った芹沢騎手より武豊騎手との
コンビの印象が強いです(^^

投稿: 連敗爆進王 | 2007/06/11 20:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64260/15291498

この記事へのトラックバック一覧です: [名馬]思い出のエプソムC「アドマイヤカイザー」:

» エプソムカップの裏事情 [競馬必勝法]
昨年から「夏の売上」を当て込まざるを得なくなったJRAは、近い将来「夏のGI競争」(札幌記念)迄... [続きを読む]

受信: 2007/06/09 08:41

« [名馬]思い出のCBC賞「プレシャスカフェ」 | トップページ | [予想]1枠2番で勝負!「エプソムC」「CBC賞」 »