« [名馬]思い出のフェアリーS「ベルグチケット」 | トップページ | [名馬]思い出のCBC賞「スギノハヤカゼ」 »

2005/12/14

[地方競馬]カウントダウン!あと15日「東京大賞典」

■東京大賞典まで、あと2週間です♪
「有馬記念」の話題が盛り上がってきたということは、
地方競馬の祭典「東京大賞典」も近づいてきました!

 あと15日です!

■出走予定馬も発表されました!
中央からはG1馬「タイムパラドックス」を筆頭に
JCDの2着、3着「シーキングザダイヤ」「スターキングマン」
そしてなんといっても急浮上してきたのが「ヴァーミリアン」
「浦和記念」は持ったままの圧勝!この舞台でどんな活躍をするか!?

そして地方からは、なんといっても「アジュディミツオー」「シーチャリオット」の2頭
特に「シーチャリオット」は前走チグハグな競馬となりましたが、叩き2戦目のここが試金石
どんな競馬となるか、勝っても負けても注目です!
[TCKホームページ]

« [名馬]思い出のフェアリーS「ベルグチケット」 | トップページ | [名馬]思い出のCBC賞「スギノハヤカゼ」 »

地方競馬」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64260/7592032

この記事へのトラックバック一覧です: [地方競馬]カウントダウン!あと15日「東京大賞典」:

» 内田博幸!アジュディミツオーを選ぶ?! [NO GUTS,NO GLORY.(競馬で幸せになろう!毎日競馬ネタ更新)]
29日に行われる東京大賞典に出走予定のアジュディミツオーとシーチャリオット。共に川島厩舎で主戦は内田博幸騎手。体は2つないので、どちらを選ぶのか??!!そうは言っても、ダーレーとの関係を考慮してシーチャリに騎乗するものうとばかり思っていましたら、ミツオー....... [続きを読む]

受信: 2005/12/14 20:39

» 超万馬券必勝法 [1〜7番人気で爆発的に儲ける予想法]
"超簡単馬券的中法"とは? その名の通り、万馬券を超簡単に的中させてしまう方法です。 当たる時は100%万馬券です!だって万馬券しか買いませんもん(笑) ほぼ毎週当たるので、資金が底をつく心配もありません! 買い目を出すプロセスは簡単すぎるので、詳しくは書けませんが、誰でも万馬券を当てることが出来ます。 値段が高いですが、元は取り返せます。だって万馬券が当たるんですもん(笑) 実際に私... [続きを読む]

受信: 2005/12/14 21:35

» 【マスコミで話題沸騰!】闇馬券の実力 [騎手&調教師を狙い打て!]
闇馬券とは? 闇馬券とは『JARIS』というJRAの出走馬決定システムを攻略した予想提供サイトです。JARISというのは緻密に各馬の能力、過去成績及び予想倍率などを分析し予想配当を計算するシステムのことです。すなわちJARISの中では事前に勝ち馬及び連対馬を算出しているのです。 闇馬券では、このJARISを徹底分析することにより、会員の方へ予想を提供しています。もちろん予想の精度は高く、会員継続率98.6%と... [続きを読む]

受信: 2005/12/14 21:35

» 【競馬予想の革命】画期的!馬連4点必勝法 [関西全レース予想]
"画期的!馬連4点必勝法"とは? 世の中には星の数ほどの予想屋がいます。それぞれ切磋琢磨しているのですが、中には元JRA関係者や騎手などを前面に出して、高額の報酬を要求する業者もおります。 それでもあなたは儲かっていますか?そうです、なかなか儲からないのです。 なぜならあなたは情報料と自分の儲けを考えると、一日平均1万円は稼がないと元が取れないのです。 初心者が1レースから1万円〜10万円... [続きを読む]

受信: 2005/12/14 21:35

» 【無料】的中率80%を超える魔法の買い方 [関東全レース予想]
無料レポートを作りました! これだけの内容で無料なんて考えられません!! ■タイトル あなたの買い方は間違っている! 的中率80%を超える魔法の買い方 ■内容 当レポートでは、『的中率80%を超える魔法の買い方』として、単勝を買う上で知っていないと損をする、データを公開しています。 また、そのデータによって各馬券の最適な買い方を指南しています。 ※実際に私はこの買い方で購入しています。 はっきり言って、この情報を知っているのと知らないのでは的中率と回... [続きを読む]

受信: 2005/12/14 21:36

« [名馬]思い出のフェアリーS「ベルグチケット」 | トップページ | [名馬]思い出のCBC賞「スギノハヤカゼ」 »