« [競馬]あなたの応援するサラブレッドにプレゼントをしませんか? | トップページ | [予想]持ち時計に注目!ミッドタウン「関屋記念」 »

2005/07/29

[競馬]夏休み読書感想文「馬のゴン太の背にゆられ やったぜ!日本縦断2600キロ」

■大好きです!この本!
私が小学校のときに読書感想文を書きました。
それ以来のファンです!

■馬のゴン太と著者の友情
大学生の著者が、馬の乗って北海道から鹿児島まで、日本横断する話です。
馬との旅路の苦労や、人と人とのふれあいも素晴らしいのですが、
私が1番感動したのは、物語の序盤のエピソードです。
著者ははじめ、ゴンタが言うことを聞かず、冷たくあたっていました。
雨のなか、一夜を過ごすときに著者は旅館へ、
言うことを聞かないゴンタは、外の木につないだまま、、、
ふとゴンタを見た著者は激しく後悔します。
雨雫が涙のように流れるゴンタ、、、そんなゴンタを見た著者は、
ゴンタの体を拭きながら、心から謝ったそうです。

その後、ゴンタと著者の関係は、、、
車に驚いたゴンタが立ち上がり、鞍上の著者が落馬してしまったとき、
ゴンタは立ち止まり、著者のところに歩み寄ってきたそうです。
まるで「大丈夫?」と話しかけているように、、、

なんて感動的!人馬を超えた友情です!
そんなゴンタと著者の関係を、とても羨ましく感じました。

■残念ながら絶版してます、、、が
最近になってまた読みたいなぁ~と思って
調べてみたら絶版になってました。
古本屋とかを探してみましたが、見つからず諦めかけましたが、、、

なんと市立図書館で見つけました!
一見の価値ありです、ぜひ読んでください。

blog_banner_02

« [競馬]あなたの応援するサラブレッドにプレゼントをしませんか? | トップページ | [予想]持ち時計に注目!ミッドタウン「関屋記念」 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [競馬]夏休み読書感想文「馬のゴン太の背にゆられ やったぜ!日本縦断2600キロ」:

« [競馬]あなたの応援するサラブレッドにプレゼントをしませんか? | トップページ | [予想]持ち時計に注目!ミッドタウン「関屋記念」 »